バナーやアイキャッチに!「0.1秒で目が留まり、2秒で全てが伝わる」デザイン。

2秒で伝えるデザイン

こんにちは!
デザイナーのくまのです。

タイトルの
「0.1秒で目が留まり、2秒で全てが伝わるデザイン。」は、
バナー・アイキャッチ・看板などに共通するルールです。

このルールの重要性を、
今回は書いていきたいと思います。

【目次】

0.1秒で引きなければいけない理由。

あなたは、バナーなどをどれくらいの時間見ていますか?
恐らく、
「目を引く画像があったから、一瞬だけ見た」
そんな事が多いのではないでしょうか?

そう、バナーなどを見てもらうにはまず第一に、
「目を引く事」が大事です。

そして、人の視界にそのバナーが入る時間は、
ほんの一瞬。

だから、0.1秒で気にしてもらえるデザインが必要なんです。

2秒で伝えないとアウト!その理由

目を引く画像を用意して、
見事ユーザーに目を留めてもらったとします。

やった!見てもらえてる!!

しかし問題はその後。
統計的に看板やバナーが見られる時間って、
2・3秒間だけだそうです。

「チラッ……ふうん」
ってくらいの時間ですね。

忙しい現代、2秒だって見られているか、怪しいものです。

私のように一瞬だけ見て、後から
「そういえば前見かけたのちょっと気になったけど…なんだっけ?」
と探し回る、不毛な事をする人もいるかもしれません。

…いないかな。

どうしても目に留まってほしい記事のアイキャッチやバナーなどは、
他と差を持たせた、インパクトのある物にするのが有効です。

2秒で伝わるデザインのポイント3つ

2秒って…全然伝わらないんじゃないか…!?

そう思う方もいるかもしれません。

いえいえ、デザイン次第で、
2秒でもたくさんの情報を伝える事ができちゃうんです!

そのポイントは、

・一番伝えたい事を大きく一言で

・写真やイラストで伝えられる物をいれる

・細かく長い説明文はタブー

です。

長い文章で説明を書いても、
2秒じゃ読んでもらえませんよね。

だから、一番伝えたい事、興味を持ってもらえそうな事を、
一言だけ大きく書いて伝えましょう。

一言だけじゃどうしても伝わらない!

それを補ってくれるのが、写真やイラストなんですね。

例えば、
「ムキムキになりたいあなた!
このプロテインドリンクを飲めば、たったの14日間で、
理想のムキムキボディを手に入れられます!
50歳以上の女性でも効果絶大ですよ!
商品名は「くまパワープロテイン」!
詳細は、WEBサイトをご覧ください!」

という、!マークばかりの長い広告を、
ザックリまとめると、こうなります。

 

くまタロー
えへへ…
くまの
キモイ…
くまタロー
ひどい。

まとめ

まとめ

  • 視界に入る時間は「一瞬」。目を引くデザインにしよう。
  • 人はバナーを眺める時間は2秒程度。
  • 2秒で伝えるには、
    写真やイラスト・決めの一言で勝負
くまタロー
お読みいただき、ありがとうございました!