印刷業界・デザイナーが読むべき一冊「いとしの印刷ボーイズ」!

くまの
手書き風ゆるイラストレーターの熊野です!
昔は印刷所の制作部で、チラシや冊子を作っていました。

そんな私が「こんな本欲しかった!」「今読んでも面白い!」
と爆笑しつつ参考になった本があるので紹介します!

・印刷会社に発注することのあるデザイナーさん
・印刷会社にお勤めの全ての方

にぜひぜひ読んで頂きたい一冊です!!

印刷業界・DTPデザイン業界に興味ある人の必須本!!

「デザイン作って、チェックして、印刷する」

文字にするとたったこれだけですが、

この中に「どれだけの血と汗と涙が込められているか」が良く分かります!

読み終わる頃には、すべての印刷物に対する見方が変わるかもしれませんね。

 

こんな人が読んだらこうなるよ

一般人の人→「印刷会社ってこんな事してるんだ!大変なんだな~」

印刷会社の人→「あるある!こんな人いる!この知識は知らなかったから勉強になるな~」

デザイナーの人→「ぎゃーごめん!このミスした事ある!なる程これも気を付けよ~」

ちなみに私は元印刷会社の制作部にいた事があるので、
「あるあるー!懐かしー!こんな人いたー!」
というテンションで読んでました(*´艸`)

校正を交差法でやる…っていうのは初めて知りましたが、やってみたらできた…!Σ(=□=*)
パタパタ校正じゃなく、交差法を実践している人はどれくらいいるんだろう。

 

この本のポイント

  • 印刷物が出来るまでの工程がよくわかる、笑える
  • 印刷業界のトラブルがよく分かる、笑える
  • 印刷の営業大変そう→想像を絶する大変さで笑える
  • これらが楽しい漫画で描かれていて、とても読みやすい
  • 120用語の解説付きで、各印刷・制作会社に教育本として一冊置いといて良いレベル!

営業さんって、現場と顧客の板挟みで本当大変だなぁ…
としみじみ感じました。

「選挙」や「芸能人トラブル」にビクビクしたり、
お店にあるメニューの紙厚や紙質ついチェックしちゃったり。

身内に印刷業界の方がいる人も、
これを読めば今までの奇行が「ああ、職業病だったんだ…」と納得できるかもしれません。

あと、印刷会社の営業さん視点で書かれた本ですが、
社内のデザイナー・広告代理店・制作会社のデザイナーも登場し、
そういった人たちがどう関わるのか、どんなトラブルがあるのかが分かるので、
デザイナーの方にもおすすめの一冊です!

くまタロー
読んで頂いて、ありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です