キャラクターの効果について

オリジナルキャラクターの効果

様々な事業や団体様がキャラクターやマスコットを採用していますよね。
それはただ「キャラクターブーム」に乗っかっているわけではありません。

キャラクターやマスコットを採用すると、
「顔となってお客様との距離が近くなる」
という効果があるからなんですね。

どういう事なのか、いくつか具体的に説明したいと思います。

企業様がマスコットキャラクターを採用するメリットについてはこちらにまとめています
【企業がマスコットキャラクターを採用するメリット】

キャラクターは形のないものの顔になる

企業やサービスって、「一つの形」としてとらえるのが難しいんですよね。
 

分かりやすい例が、町おこし。
 

たとえば、熊太郎町という町があるとします。

いきなり地図を見せられて、「これが熊太郎町です!」

と言われたら、どう思いますか?
 

くまタロー
へ、へぇ…そんな場所にある町なんだね。
くまの
そういう反応になるよねー。

きっとその人には、熊野町という町の名前も、どんな町かも印象に残らないでしょう。
 

例えばそれがきっかけで、
 

熊太郎町ってどんな町だろう。
熊太郎町ついて知りたい。
熊太郎町とコミュニケーションがとりたい。

と思ったとしても、
 

「その町のウェブサイトなどで色々調べたり、役所の担当者に問い合わせをする」

となると、なかなかそこまで時間と手間をかけるのは、
渋ってしまいますよね。

くまの
そこで、「熊太郎町のゆるキャラ、くまっタロー」の登場です!
(※架空の町・キャラクターです)

くまっタローを一目見るだけで、町の名産や名物がなんとなくわかります。

くまタロー
自然豊かなのかな?みかんが名産なんだろうなぁー
くまの
地図を見せられるよりも、圧倒的に印象に残るよね。

そして、くまっタローがTwitterをしていたらどうでしょう。

くまっタローは町の名産や町の観光地などをツイートしていて、
一般人からの問い合わせも受け付けています。

これなら、「町の情報」もすぐ手に入り、
「町とのコミュニケーション」も身近になり、
熊太郎町にも愛着が湧くと思いませんか?

これは町という形のないものに、「顔・人格・感情」を与えた事で、
コミュニケーション可能な形に変化したためです。

これは町だけでなく、企業や団体でも同じことが言えます。

スピーディーに伝える伝達力

上記のゆるキャラをみて分かる通り、
「一目で伝える力」をキャラクターは持ち合わせています。

この左右の二つを見比べてみてください。

アロハダンスイラスト

左右どちらのダンスサークルの方が、目を引き、魅力的に感じますか?

「和気あいあいと楽しく活動する、ハワイアンなダンスサークル」

文字にすると、なかなか伝わるのに時間がかかりますが、

キャラクターに伝えてもらうと、一目で伝わりやすいですね。

表情や動きを付けることで、
相手の感情や、共感性に訴えることができるからです。

くまタロー
共感性ってどういうこと?
くまの
私もあんな風になりたいな。あんな風に活動するなら楽しそうだな。って、自分の事のように感じられることだよ。

文字だけだと伝えにくい、こういったイメージや感情も、
キャラクターを用いればスピーディーに伝える事が可能なんです。

キャラクターが見る相手に与える影響については、
こちらにまとめています。

キャラクターの「種類や性格」6パターン紹介!

2018.09.19

ちなみに、
「一目で見て、どんなサービスしてるのか分かんないマスコットキャラクター」
もたくさんいますよね。

それは、サービスを宣伝するためのキャラクターではなく、
キャラクターのファンになってもらって、お客様と距離を縮めるきっかけにしたい、
と考えているからなんです。
これは、こちらで詳しく説明しています。

【キャラクターに宣伝をさせてはいけない理由】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です