キャラクターの「種類や性格」6パターン紹介!

キャラクターの要素ヒーロー

キャラクターに求められる要素や性格性を、
ざっくり6つに分けてみました。

必ず当てはまる…というより、そういう傾向にある、という統計的なものですが、
キャラクターを作るなら、ぜひこの6つのどれに当てはまるのかは、
確認した方が良いと思います。

どの要素に当てはまるキャラクターなのかを知る事で、
キャラクター設定が作りやすく、
キャラもブレにくくなりますよ。

●目次

憧れるキャラクター

キャラクターの要素ヒーロー

・ヒーロー
・オシャレさん
・人気者

くまの
「自分もそんな風になってみたい!」と思えるキャラクターですね。

子どもが憧れるヒーローなどもそうですが、
大人にも「なりたい自分」という願望がありますよね。

例えば美容室のマスコットキャラクターだったら、
「オシャレでイキイキしてる美人猫さん」というキャラクターでもいいんです。

事業のセミナー関係のキャラクターなら、
「業界で活躍中のカリスマ」という設定を持ったキャラクターにするとか。
セミナー講師自身が、すでにそのキャラクターで売り出しているなら良いのですが、
特定の講師がいない場合は、メンターとしてそういった憧憬の的となるキャラクターを設定するのも有効です。

パワーをもらえるキャラクター

キャラクターの要素

・元気なキャラ
・前向き
・明るい
・励ましてくれる

「ミッキー」や「ふなっしー」が良い例ですね。

くまタロー
やっほー!みんな!!くまたろうだよ!!ぶっしゃー!!
くまの
…うるさい。

元気すぎると、見てる人が疲れてしまう可能性もありますが、
それはターゲットをきちんと絞れていれば問題ありません。

例えば、人間関係などに疲れて疲弊している人には、やかましく感じてしまうかもしれません。
ですが、「誰かに励ましてもらって、自分を奮い立たせてがんばりたい!」
というパワーのある人には、元気のあるキャラクターはうってつけです。

癒し・安らぎのあるキャラクター

キャラクターの要素

・のんびりしているキャラ
・どこか弱い部分がある
・しゃべらない事も多い
・何かぬけてる

上記のような、少し疲れてしまった人にぴったりの癒し系キャラクターですね。
真面目で完璧を求めがちな日本人には、
こういった「ちょっと抜けてるキャラ」に出会うと、ほっとできるんです。

共感できる・応援したくなるキャラクター

キャラクターの要素

・自分と似ている体験
・似た境遇にいるキャラクター設定
・似た考えを持っている
・何か不利なところから頑張って努力している

「1児のパパ・イクメン奮闘中」だったり、
「資格を取るために勉強中」など、
「自分もそういう経験・考えあるある~」と共感したくなるキャラクターですね。
どこか共感を得られたり、弱い部分のあるキャラクターは、
愛着が湧いて応援したくなるものです。

意外性・話題性のあるキャラクター

キャラクターの要素

・奇抜な発言、行動
・キモかわいい

インパクト重視のキャラクターですね。
過激な発言や奇抜な行動などは、SNSで話題になりやすいので、
若い世代に広まりやすいキャラクターです。

また、奇抜な発言や行動の中に、笑いの要素を含めれば、癒し効果も生まれます。

奇抜な発言をしようとして言い間違えたり、
奇抜な行動をしようとして転んでしまったり、とかですね。

笑いは強烈なパワーと印象を残します。

ロゴマークとしてのキャラクター

キャラクターの要素

・マーク、記号である
・わかりやすく、認知されやすい
・個性的
・ストーリーやプロフィールをあまり持たない

森永の「エンゼルマーク」や、スターバックスの「セイレーン(人魚)」が分かりやすいかと思います。
一目でその企業だと分かる、「企業の顔」となっていますが、
そのキャラクター自体にプロフィールはありません。

「顔」としての認知のされやすさ、見やすさなどを優先しているんですね。

掛け合わせることも可能

ちなみに、これらの要素は掛け合わせることも可能です。
「いつもは普通の一般人だけど、
変身すると大活躍の一躍ヒーローに!」
なんてキャラクターは、
・共感できる、応援したくなるキャラクター
と、
・憧れるキャラクター
の組み合わせですよね。

一度共感を覚えることによって自分が投影しやすくなるので、
憧れの対象としても効果が上がります。

「自分と似てるアイツが、あんなに活躍してる…憧れるな~」
といった具合ですね。

くまタロー
ちなみにボクはどこに当てはまるのかな?
くまの
…憧れのヒーローキャラ…(は絶対違う)
くまタロー
そうなんだ、えへへ!
くまの
…(優しい目)
読んでいただき、ありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です