家でできる事

屋号のみ口座の作り方!【ゆうちょ銀行での流れとポイント】

屋号口座の作り方

個人事業、特にインターネットでビジネスをされている方は、
本名を出さずに、事業名で活動したい方も多いのではないでしょうか。

ゆうちょ銀行では、簡単に屋号のみの口座を開設する事ができます。

実際に作りに行ってきた体験談をもとに、
開設方法と、郵便局での手続きの流れを紹介します!

くまたろー
くまたろー
紹介する書類があれば、15分程度で口座が作れるよ!

ゆうちょ銀行で屋号のみの口座を作るのに必要な書類

1 登録する印鑑

2 開業届の控え

3 身元が分かるもの(免許証など)

【開業届に書いたのと違う団体名や事業名で開設したい場合】
4 活動内容、代表者名、住所、連絡先が明記されているチラシやWEBサイト

「開業届で提出した事業名で」口座を開設したい場合

1~3の「印鑑」「開業届の控え」「身分証明書」を郵便局に持っていけば、
簡単に開設できます。

「開業届と違う名前で」開設したい場合

例えば、開業届は「猫の手デザイン」で提出しているが、
活動名の「アトリエくまのて」で口座を開設したい、という場合。

・「アトリエくまのて」の活動内容が分かる書類(チラシやWEBサイト)
・「アトリエくまのて」の代表者の名前、住所、連絡先が明記されている物(チラシやWEBサイト)

特に在宅でお仕事されている方は、
本名や住所を公開している方が少ないと思うので、
開業届と違う名前で口座を作る場合は、ちょっと悩むポイントですね。

 

ゆうちょの振り替え口座って何?

メリット

  • 「ゆうちょダイレクト」でインターネットから入金確認や振り込みができる
  • 別名のみで口座が開設できる(他銀行だと本名+別名になる)

インターネットを使って確認や振り込みができるのは便利ですね。

デメリット

  • 入出金は開設した局の窓口のみ
  • 通帳が作れない

このあたりのデメリットは、
インターネットから普段使う口座に振り込んだり、
ネットで入出金の確認をする事で解決できますね。

 

どんな流れで、どれくらい時間がかかの?

混雑してなく、スムーズに進めば15分もかからず済んでしまいます。
実際私はそのくらいの時間で済んでしまいました。

窓口に行こう

まず窓口で、「事業名で振替口座が作りたい」と伝えましょう。

住所や事業名を書く紙を渡されますので、それを書きます。

書いている間に、身分証明書のコピーを取ってくれます。

ゆうちょダイレクトに申し込もう

インターネットで貯金額や入出金の確認ができる、
「ゆうちょダイレクト」に申し込む場合は、
続けて申込書を書きます。

こちらから言わなくても、
「入出金のお知らせは郵便にしますか?それともインターネットでされますか?」
と聞いてくれます。

「インターネットで」と答えれば、
ゆうちょダイレクトへの申込用紙を渡してくれるので、
それを記入しましょう。

暗証番号6ケタを考えておこう

どちらの書類も、住所・名前・別名+アルファを書くくらいなので、あまり時間はかかりません。
あえて言うなら、ゆうちょダイレクトの暗証番号6ケタを決めるのに悩んで時間がかかるくらいでしょうか。

これも控えが頂けるので、忘れたらどうしようとあまり悩まなくても大丈夫です。

手続き終了!

書いた書類を確認してもらい、無事手続き終了!
サクサク進めば15分くらいで済んでしまいます。

実際の口座開設は、一週間後に書類が届いた頃となります。

 

別名はちょっと気恥ずかしい

おまけ的な話ですが。

私は手続きに行く時、
開業届と違う名前、「くまのて」で登録したくて、
ダメ元でこのウェブサイトのプリントアウトを持って行きました。

住所や本名を載せていないので、やっぱりダメでしたけどね。

ちょっと恥ずかしかったのですが、
局員さんは事務的にこなしてくれるので、
恥ずかしがる必要はありません。

自分だけ恥ずかしがってる状況が更に恥ずかしいという状況(ややこしい)になるので、
参考資料は堂々と提出しましょう!

 

読んで頂いてありがとうございました!