ブログ

【wordpress(ブログ)のインストール方法】ゼロから分かりやすく解説します。

wordpressインストール手順02

ゼロの状態から、
wordpressを始められる状態にするまでを説明しています。

ワードプレスって何
wordpressとは?【ブログでおすすめする理由、費用や作り方】初心者に分かりやすく解説wordpressとは何か、ブログでおすすめしている理由や、費用や作り方について、初心者にも分かりやすいよう解説しています。そもそもwordpressとは何か分からないという初心者さんでも、wordpressの仕組み、必要な物、費用、初心者におすすめする理由や、wordpressでブログを作る理由などが分かる様に、一つ一つ解説します。...

の記事で説明した、
下記の「wordpressでのブログ作りに必要な物」

必要な物

  • wordpress
  • サーバー
  • ドメイン
  • データベース
  • テーマ(デザイン)
wordpressとは

の中で、wordpressを始めるのに必要な

  • サーバー
  • ドメイン

意味と、用意の仕方
wordpressのインストール方法を説明していきます。

※上記のデータベースはwordpressと一緒に同時にインストールされます。
※テーマ(デザイン)はwordpressのインストール後に設定するので、今回は省略します。

おおまかな手順

①サーバー(土地)を買う

②ドメイン(住所)を買う

③サーバーとドメインを関連付ける

④サーバーにwordpressをインストールする

順に説明していきますね。

 サーバー(土地)を買う

おすすめのサーバー

サーバーとは、インターネット上の土地のようなものです。
土地を売っている会社から購入します。

wordpressが使える、おススメの会社はこの二つ。

「どっちを選べばいいの?」という方は、
下記も参考にしてみてください。

結論を言えば、費用がOKならエックスサーバー
をおすすめします。

エックスサーバー
初期費用 3,000円
年間費 12,000円(x10プラン)
その他 無料独自SSL有り
wordpress自動インストール有り
こんな方におすすめ

  • 速度・安定性に優れたサーバーなので、最初から本格的にサイト作りをしたい人。
  • 何十万とアクセスを集めたい人。
  • 見やすく分かりやすい管理画面。サポートもしっかりしているので、初心者だったり安心して作りたい人。
  • wordpressの動作が軽いので、サクサク作れる人。
  • 本格的に収益化したい人。
ロリポップ!
初期費用 1,500円
年間費 6,000円
その他 無料独自SSL有り
wordpress自動インストール有り
こんな方におすすめ

  • 時間をかけてゆっくり作りたい人。
  • 10万アクセス以上集めたり、画像がたくさんある重たいサイトを作る予定のない人。
  • 高速化の対策が自分でできる人。
    (サイトの表示や動作を早くするなら必須)
  • 安い費用でサイトを運営したい人。
  • 本格的な収益化は考えてない人。

「最初は安いロリポップで様子を見て、
後からエックスサーバーに引っ越しをしようかな」

とも思ったのですが、
最終的にエックスサーバーを使う予定なら、
最初からエックスサーバーの方が手間もなく安心して運営できる。

そう判断して、私は最初からエックスサーバーを使用しています。

何かしら不安がある方は、
やはりエックスサーバーの使用がおススメです。

エックスサーバーをおすすめする理由

操作が早い
 →ストレスなく、早くサイトを作れる。
表示が早い
 →検索の上位表示にも有利になる。
 →見る相手にストレスを与えない。
大量アクセスにも対応できる
 →後で慌ててサーバーを引っ越したりする手間がない
無料で自動バックアップ
 →何かあっても安心

更に詳しく知りたい方は、
実際にエックスサーバーのサイトを参考にしてみてください。

エックスサーバーを見る

 

サーバーの申込方法(エックスサーバー)

申込みの流れ

エックスサーバーへアクセス
②上のメニュー「お申込み」→「お申込みフォーム」
③「新規申し込み」を選択
④必要事項を入力して申し込み
⑤「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」のメールが届く
(ログインIDなど重要な情報があるので、取っておきましょう。)
⑥メールが届いてから10日間以内にお支払い
(お支払いはコンビニ・クレジット・銀行振込が選べます。)

迷いそうな所

エックスサーバー登録方法

「新規申し込み」で入力する情報で、サーバーIDというのを入力します。

これは今後使う場面がないので、適当な名前で大丈夫です。

実際のサイトで使う名前とも関係なく、
ログイン用のIDとも別です。
エックスサーバーが用意した、仮の住所といった所ですかね。

自分だけの住所である、「独自ドメイン」はこの後申込みをします。

 

独自ドメイン(住所)を取得する

ネット上の土地(サーバー)を買ったら、
次は住所(ドメイン)を取得します。

ドメインとは

http://www.〇〇〇〇〇.☆☆☆

この〇〇の部分が「ドメイン」と呼ばれていて、自分の好きなアドレスにできます。

最後の☆☆☆は.comとか.jpって部分ですね。

これはどれを選ぶかによって値段が変わりますが、
「.com」がお手頃価格でなじみやすいのでおすすめです。

ドメインの取り方

おすすめはこの2つ。

エックスサーバーでも取得できますが、
上記のどちらかの方が年間500円はお得です。

ドメインの取り方どちらのサイトも、好きなドメインを入力すれば、
すぐに「値段を確認→申し込み」する事ができます。

「面倒なので、サーバーと一緒に管理したい」という方は、
エックスサーバーで同時に契約してもOKです。

また、エックスサーバーでドメイン無料キャンペーンをしている時もあるので、
その時はエックスサーバーでドメインを取得しましょう。

サーバーとドメインの関連付け

契約したサーバーには「このドメインを使います」という設定を。
契約したドメインには「このサーバーを使います」という設定を。
それぞれしていきます。

サーバーにドメインを設定する方法

エックスサーバーでドメインを設定する方法を紹介します。

エックスサーバーで設定する手順

①サーバーパネルにログイン
②「ドメイン設定」→「ドメイン設定の追加」を表示
③取得したドメインを入力する

エックスサーバー登録方法2
下の2つのチェックボックスにはチェックを入れましょう。

SSLとは

「無料独自SSL」というのは、
安全な通信ができるよう、「あなたのサイトの通信情報を、無料で暗号化します」というサービスです。

後からSSLに変えると

  • URLが変わって手間が増える
  • SSL未対応だとアドレス部分に「保護されていない通信」と表示されてしまう

というデメリットが発生するため、
「無料独自SSL」はチェックしておきましょう。

SSL化

ドメインを取ったサイトで、サーバーの設定をする。

ドメインを取得したサイト(お名前.comやムームドメイン)にログインし、
下記右側のネームサーバーを入力します。(コピペでOK)

エックスサーバーのネームサーバー

プライマリネームサーバー ns1.xserver.jp
セカンダリネームサーバー ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

 

ロリポップのネームサーバー

プライマリネームサーバー uns01.lolipop.jp
セカンダリネームサーバー uns02.lolipop.jp

 

お名前.comの入力場所

順番にクリックして進めていきます。

①「ドメイン一覧」
②ネームサーバーの「初期設定」
③「その他のネームサーバー」

入力覧に、上記ネームサーバーを入力して設定完了です。

ムームードメインの入力場所

順番にクリックして進めていきます。

①「ネームサーバー設定変更」
②「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」

入力覧に、上記ネームサーバーを入力して設定完了です。

 

wordpressをインストールする

エックスサーバーでの手順です。

①簡単インストールをクリック
②自分のドメインを選択し、「wordpressのインストール」を表示
③必要な項目を入力してインストール

必要な入力はこれだけです。

これでインストールをクリックすれば、
wordpressのインストール完了です!

「インストール済みwordpressの一覧」の
「ダッシュボード」をクリックすると、
wordpressにアクセスできるようになります。

設定したサーバーが反映されるのに時間がかかるので、
うまく繋がらない場合は1日経ってから試してみましょう。