キャラクター

大人がキャラクター好きでもOK!理由と心理を解説!

大人キャラ

イラストレーターのKumanoです。

もういい大人なのに、キャラクターやぬいぐるみが大好き!
子どもっぽくてダメかな…?

そんな不安を抱えてる方に、ぜひ読んで頂きたいです。

大人がキャラクター好きではダメ?

日本人だしOKです。

キャラクター文化の日本です。

キャラクター文化というのは、
「ゆるキャラなどが日本中にあふれてる」
という意味もありますが、

「日本の根本的な文化がそもそもキャラクター文化」

という意味でもあります。

キャラクター好きな大人が得られるメリット

絶対裏切らない味方を手に入れている。

人は弱いです。
大人になったからって、急に強くはなれません。

たまに弱音や本音を吐き出すことも必要です。

そんな時、弱音などを受け入れている相手がいる。
それはとても心強い事ですよね。

ですが、人間同士だと中々素直になれないもの。

キャラクターが相手なら、安心して愚痴を言う事も、涙を見せる事もできます。

キャラクターへの依存には注意を

生活に支障が出る場合は注意

上記のように、弱音を受け入れてくれるキャラクターの存在はとても嬉しいものです。

ですが、その安心感からキャラクターに依存してしまう事もあり得ます。

楽しめる範囲なら良いのですが、
「生活が苦しいけどキャラクターグッズを買ってしまう」
など、生活に支障が出る場合は注意しましょう。

キャラクター好きの大人の心理

  1.  ペットのようで可愛い
  2.  自分を無条件に支えてくれる存在
  3.  母性本能をくすぐる
  4.  かわいくてワクワクした気持ちになる
  5.  自己表現

男性なら1と2が、
女性なら3や4が多いのではないでしょうか。

5は、例えば「猫を飼っている猫好きな自分」を表現する為に、
猫グッズをたくさん持つとかですね。

大人になってもキャラクターは楽しい

ペットや動物と似た楽しさ

キャラクターって、ペットや動物と似ていると思うんです。

かわいいし、癒されるし、ワクワクもする。

「犬が好き」と言えても、
「キャラクターが好き」と大人が言いにくいのは、
「大人がキャラクター好きなんて、子どもっぽいかな」
と思ってしまってるからじゃないのかなと感じます。

気持ちがワクワクするなら、
大人だって素直に楽しんで良いんです。

「大人になったらあれもこれも楽しめない」なんて、
大人になりたくない子どもが続出
しちゃいますよ。笑

楽しそうな大人を増やせば、社会はもっと明るくなるんじゃないでしょうか。
その為にも、キャラクター好きな方はとことん楽しんじゃいましょう!