雑記

オリジナルキャラクターの作り方、依頼の仕方

オリジナルキャラクターの作り方

イラストレーターのKUMANOです。

オリジナルのキャラクターを作りたいと思っても、
制作者に、何をどう伝えればいいの?
と戸惑いますよね。

「この情報は制作者に伝えよう!」
というポイントや、
「ここは制作者に相談すれば大丈夫!」
というポイントをまとめてみました。

最後にどこで依頼すれば良いかについても紹介しています。

ココナラSKIMAクラウドワークスなどで
オリジナルキャラクターの依頼を考えてる人、
または逆に、依頼を受けてキャラクターを制作してみたいという方の参考になれば幸いです。

オリジナルキャラクターを使う媒体

必ず伝えましょう

  • ツイッターのアイコン
  • ブログのキャラクター
  • チラシに印刷する
  • 看板やグッズなど、どんな所でどう使う予定かを、制作者にお伝えください。

「いずれは〇〇でも使うかも~」
と伝えれば、
用途に合ったデザインで制作してもらえます。

(逆にここで伝達のズレがあると、後々大きな修正が必要になり、費用が生じてしまう可能性もあります。)

使用サイズ

分からなければお任せでOK

「ハッキリしたサイズがよく分からないな~」という方は、
上記の「どの媒体で使用するのか」を制作者に伝えれば、
慣れている方なら大体のサイズを把握してくださります。

「WEBサイトのトップページや、ツイッターでも使いたい。」
「A4のチラシの一部に、ポイント的にキャラクターを入れたい。」

などお伝えいただければ大丈夫です。

事前にサイズを把握している方は、
「WEB用アイコンで、500px×500pxに入るよう作ってほしい。」
「パンフレット用と、ステッカーで実寸大で使えるよう、5cm×5cmで作ってほしい」
と、実際のサイズで注文して頂いてもOKです。

どんなオリジナルキャラクターを作りたいのか

~数千円で依頼する場合は決めておきましょう。

ココナラSKIMAなどで500円~数千円で依頼をする場合は、できるだけ下記のイメージを固めて依頼をするのがおススメです。

クラウドワークスなどで数万円を出して依頼をする場合は、色やモチーフなどを制作者に提案してもらうのもOKです。

モチーフがあればお伝えください。

例えば、

  • 人間キャラ(店長のように)
  • 動物キャラ(飼い犬を参考に)
  • 創造キャラな(ドラゴンのような)

などですね。

「お店とおなじ制服を着せたい」など、服装や小物などがある場合も一緒にお伝えください。

ラフスケッチやイメージに近い画像などがあれば送っていただけると、イメージの共有がしやすくなります。
イメージ画像が手元にない方は、グーグルの画像検索で検索をすると、関連する画像がたくさんでてきますのでおススメです。

キャラクターの色

キャラクターの色が決まっていない方は、制作者にお任せしてもOKです。

その場合は、イメージしている色の雰囲気を伝えると、完成度の高いキャラクターが出来上がりやすいです。

「サイトにあった色合いで」「淡くてかわいい色合いで」
「ふんわり優しいイメージ」「元気でやんちゃなイメージ」などですね。

キャラクターの性格

できれば事前に決めて伝えた方が良いです
キャラクターの性格をデザインに反映させて、個性を出す事ができます。

「うさぎの子どもで、いつも元気で人参がすき。」
など細かいキャラクター設定を伝えましょう。

キャラクター設定を作っておく事で、
後々キャラクターを使ったり展開したりしやすくなります。

キャラクターに求めている事

「癒しを与える、マスコット的なオリジナルキャラクターにしたい」
「見た人が笑顔になるような、親しみのあるキャラクターにしたい。」
「ツイッターを使って、お客様とコミュニケーションがとれるようにしたい」

など、キャラクターに何をしてほしいのか、という考えがあればお伝えしてください。

デザインをする際の参考になりますし、
より良い提案をしてくれる可能性もあります。

キャラクターに込めたい想い

「皆が笑顔になるように、というお店のコンセプトが伝わるようなキャラクターにしたい」
「餃子が売りのお店だから、餃子をアピールさせるオリジナルキャラクターにしたい」

など、キャラクターに込めたい想いがあればぜひ伝えましょう

キャラクターに熱や想いを込めることは、
キャラクターを長く愛し、お客様からも愛される大事な要素です。

制作者も依頼主の想いを聞くことで、
より良いキャラクターを提案したいというエネルギーをもらえます。

納期

いつまでに納品する必要があるか、大体でも良いので伝えましょう

内容にもよりますが、キャラ1体1週間~1ヵ月以内に納品となるケースが多いです。

修正が少なく、スムーズに進むと一週間で納品となる場合もあります。

短納期で納品して欲しい場合は、
スムーズに作業が進むよう、依頼人・制作者お互いの協力が必要です。

納期は調整してくれる方が多いはずなので、まずは相談してみましょう。

ご予算

「この予算内で、こういった事をしたいんだけど、どこまでできるかな?」
といった場合は、あらかじめ予算を伝えましょう。

予算と目的を伝える事で、
予算内で最大限効果の出せる提案
をしてもらえる可能性があります。

 

どこに依頼すればいいのか

個人の方が→個人へ依頼したい場合

ココナラ

SKIMA

企業や団体がプロへ依頼したい場合

クラウドワークス

をおススメしています。

数千円以内の低予算で、サクッとキャラクターを作るのならココナラやSKIMAで、絵が得意な方へお願いしましょう。

数万ほど予算がある場合は、クラウドワークスでコンペを開き、
多数の方にいくつか提案してもらうのがおススメです。

キャラクター制作に必要な性格設定
企業がオリジナルキャラクターを作成する効果とメリットイラストレーターのKumanoです。 「お店の顔になる、マスコットキャラクター作りたいな。」 「でも、作ったらどんなメリット...