キャラクター

オリジナルキャラクターの作り方、依頼の仕方

オリジナルキャラクターの作り方

イラストレーターのKUMANOです。

オリジナルのキャラクターを作りたい!
でも制作者に、何をどう伝えればいいの?

今回は、そんな風に悩んでいる方の疑問にお答えします。

「この情報は制作者に伝えよう!」
というポイントや、

「ここは制作者に相談すれば大丈夫!」
というポイントをまとめました。

ココナラやクラウドワークスなどで
オリジナルキャラクターの依頼を考えてる方。

または逆に、「依頼を受けてキャラクターを制作してみたい」
という方の参考になれば幸いです。

オリジナルキャラクターを使う媒体

「何のどこに使うか」を伝えましょう

  • ツイッターのアイコン
  • ブログのキャラクター
  • チラシに印刷する
  • 看板に印刷する

など、どんな所でどう使う予定かを、制作者に伝えましょう。

また、今後別の所でも使う予定がある場合は、
いずれは〇〇でも使うかも
と事前に伝えておきましょう。

あらかじめ伝える事で、用途に合ったデザインで制作してもらえます。

(逆にここで伝達のズレがあると、後々大きな修正が必要になり、費用が生じてしまう可能性もあります。)

使用サイズ

分からなければお任せでOK

「サイズがよく分からない」という方は、
上記の「どの媒体で使用するのか」を制作者に伝えましょう。

慣れている方なら、用途にあったサイズで制作してくれます。

ツイッターやブログのアイコン、
ヘッダーやアイキャッチで使うなら、
500px × 500pxで大丈夫です。

(あまり大きく作ってもらうと、
縮小した際に線が細くなってしまうので注意しましょう。)

印刷物に使う場合は、サイズや解像度、色調なども変わってくるので、
印刷をして使う場合は事前に伝えておきましょう。

どんなオリジナルキャラクターを作りたいのか

~数千円で依頼する場合は、だいたい決めておきましょう。

ココナラSKIMAなどで500円~数千円で依頼をする場合は、
できるだけ下記のイメージを固めて依頼をするのがおススメです。

クラウドワークスなどで数万円を出して依頼をする場合は、
色やモチーフなどを制作者に提案してもらうのもOKです。

モチーフを伝えよう

例えば、

  • 人間キャラ
    (参考写真の似顔絵で描いてください、など)

  • 動物キャラ
    (柴犬をモチーフにしてうください、など)

  • 創造キャラ
    (猫にドラゴンの羽が生えたようなキャラ、など)

などですね。

ラフスケッチやイメージに近い参考画像などがあれば、
より制作者に伝わりやすいですね。

参考画像が手元にない方は、グーグルの画像検索で検索をすると、
関連する画像が出てくるのでおススメです。

(画像検索で出てきた画像は、あくまで参考用としてお使いください。
そのまま使用するのは厳禁です。)

キャラクターの色

NGの色、雰囲気だけでも伝えよう。

キャラクターの色が決まっていない方は、
制作者にお任せしてもOKです。

ただその場合は、より完成度を高くするため
「イメージしている色の雰囲気」
「NGの色」
だけでも伝えましょう。

「このURLのサイトにあった色合いで」
「暗い色はNGで、パステルカラーのかわいい色合いで」
といった感じで伝えましょう。

キャラクターの性格

伝えなくても、事前に決めておきましょう

「キャラクターの性格」は、制作者がイメージをしやすくなるので、
できれば伝えましょう。

もし伝えない場合でも、キャラクターを作る場合は
事前に「キャラクター設定」を決めておくのをおススメします。

どんな性格で、どんなものが好きか、年齢や性別、しゃべり方…などですね。

あらかじめキャラ設定を作っておく事で、
後々キャラクターを使ったり展開したりしやすくなります。

キャラクターの服装や小物

事前に伝えておきましょう

動物のキャラクターでも、洋服を着せるのかどうか。
似顔にしても、どんな服装にしたいのか。

後から修正を重ねるのはお互いに大変なので、
事前に確認をしておきましょう。

また、「小物を持たせたい」などいった場合も、
追加料金がかかると思うので、事前に相談しておきましょう。

キャラクターの表情

「笑顔」でも何パターンかあります。具体的に伝えましょう。

「笑顔」一つでも、
(^▽^)(・V・)(>ワ<)など、目や口の形でいくつも作る事ができます。
もしイメージができている場合は、具体的に伝えましょう

具体的なイメージができない場合は、
「ふんわり笑ってる感じ」
「ニヤリと悪だくみしてる笑み」
など、雰囲気を伝えて提案してもらいましょう。

納期

納期がある場合は、事前に伝えましょう

一ヶ月以内に欲しい方は、
事前に「〇月〇日までに納品可能ですか」と納期を伝えしましょう。

内容にもよりますが、キャラ1体1週間~1ヵ月以内に納品となるケースが多いです。

修正が少なく、スムーズに進むと一週間で納品となる場合もあります。

短納期で納品して欲しい場合は、
スムーズに作業が進むよう、依頼人・制作者お互いの協力が必要です。

納期は調整してくれる方が多いはずなので、まずは相談してみましょう。

ご予算

いくらになるか分からない時は、事前に伝えましょう。

「やりたい事」と、それにかけられる「予算」を伝えましょう。

「キャラクターを2パターンと、表情もそれぞれ2つ用意したい。予算は4千円です。」
という感じですね。

予算と目的を伝える事で、
予算内で最大限の効果が出せる提案
をしてもらえる可能性があります。

どこに依頼すればいいのか

個人の方が→個人へ依頼したい場合

ココナラ

SKIMA

企業や団体がプロへ依頼したい場合

クラウドワークス

をおススメしています。

数千円以内の低予算で、サクッとキャラクターを作るのならココナラやSKIMAで、
絵が得意な方へお願いしましょう。

数万ほど予算がある場合は、クラウドワークスでコンペを開き、
多数の方にいくつか提案してもらうのがおススメです。

まとめ

スムーズに進める為には、制作者とのイメージ・情報共有が大切です。
依頼する際は、できるだけ下記を伝えるようにしましょう。

  • 使う媒体
  • 使用サイズ
  • キャラクターのモチーフ
  • 性格
  • 服装や小物
  • 表情
  • 納期
  • 予算