デザイン

イラストレーターが収入を上げたいなら「依頼人側のコスト」も考えよう!

「イラストレーターは安い報酬で買い叩かれやすい

という話を聞いたり、体験したりしたことがあるでしょうか。

一部では、イラストレーターへ不当な扱いがあるのも事実ですね。

こういった不当な扱いに真っ向から勝負できるよう、
イラストレーターは価値を高める努力を続ける必要があります。

イラストレーターが報酬をアップする為には、
絵を描くスピードや技量の他にも、大事なことがあると思っています。

それは相手への配慮です。
今回はその一つとして、

イラストレーターが知っておくべき
発注側のコスト」について。

考えてみたいと思います。

気持ちのよいお仕事ができる、参考になれば幸いです。

イラストレーターへ発注する側のコスト一覧

  • 誰に依頼するか調べる
  • どんなイラストが適切か考える
  • どう伝えるか考える
  • イラストレーターとやりとりをする
  • 出来上がったイラストのチェック
  • 金額交渉や事務処理等

トータルで結構時間がかかりそうですよね。

特にイラスト発注に慣れてない方だと、
勝手が分からず更に時間がかかると思います。

発注するイラストの数や、依頼するイラストレーターさんが多い場合も、
進行管理にコストがかかりますね。

イラストレーターは、「依頼する側もコストがかかるんだ」という意識と、
どうやったらなるべく依頼人のコストがかからないか
を考慮すべきだと考えています。

相手のコストを考慮しないと、次に書いたように
「イラストレーターの報酬が下がる」事にもなりかねません。

イラストレーターの単価・報酬が安くなりがちな理由

なるべくコストを抑えたい

色々ありますが、これが一番の理由ですよね。

こだわったイラストを1~2点制作したい場合は、
多少時間や制作費にコストをかけても良いのかもしれません。

ただ上記のコスト一覧に加え、

  • 他の仕事に押されている
  • 発注するイラストが大量にある

といった場合、
一点あたりに対するコストを下げたいと考えます。

そして一番てっとり早い方法…
「イラスト低単価でお願い!」
となってしまう事があるのではないかと思います。

イラストレーターの扱いが雑な理由

時間(コスト)をかけたくない

また、「イラストレーターに対するやりとりや扱いが雑!」
という場合も、このコストが関係しているのではないでしょうか。

「時間(コスト)をかけてられない!」
「伝え方が分からない!」
→結果、適当になる。

雑な依頼→リテイク祭り、なんて地獄絵図ですね…

雑な依頼は、依頼側もイラストレーター側も、
最終的に時間をかけすぎてしまう事になりかねません。

それを避けるためにも、相手になるべく負担をかけないように、
かつしっかりヒアリングを行う必要があります。

イラストレーターが配慮すべき点

どうしたらなるべく相手に負担をかけず、最高の結果を提供できるか

今まで書いた通り、依頼人は「コストを下げたい、かけなくない」
と思っている人も多くいます。

イラストレーターとして収入をアップしたいなら、
依頼に際してなるべくコストがかからないように
工夫してあげられると良いのではないかと思います。

具体的に

  • 依頼人の意図を的確にくみ取る
  • 依頼人が「指示や修正を出しやすい」やりとりを心がける
  • 早いレスポンス or 連絡が取れる時間をはっきりさせておく。

それぞれ見ていきますね。

相手の意図を正確にくみ取る。

誰に向けたイラストなのか。
そのイラストを使って、どんな結果を得たいのか。

これを最初にくみ取っておくことで、
スムーズに進める事ができ、クライアントの手間を減らす事ができます。

例えば「かわいいイラスト」でも、
「子ども向け、万人向け、女性向け、男性向け」…と、対象によってだいぶ変わりますよね。
それを共有できていないと、
提案と修正を繰り返すことになり、お互いに手間と時間をかけてしまう結果となります。

相手が指示を出しやすい質問を

相手が悩まない工夫をしよう

  • 提案が複数ある場合には、番号を振っておく。
    番号などを振っておくことで、
    「Aのポーズで、色はBにしてほしい。」
    など修正も伝えやすくなります。
  • 伝わりづらい部分、不明確な部分は、イラストやサンプル画像で確認をする。
    「添付した画像のようなポーズでしょうか。」
    と具体的なイメージ画像で伝える事で、お互いに認識のズレが起きにくくなります。

上記のように、相手が「なんて伝えたらいいのかな…」となるべく悩まないような工夫が必要です。

お互いに伝えたい事が明確になるので、
後々のトラブル防止にもつながります。

連絡が取れる時を明確に

早めのレス or 連絡できる時間を明確に

イラストレーターから返信がないと、
依頼した相手は不安になるものです。

また、しばらく経ってから依頼人に連絡をしても、
依頼人が「なにを伝えたかったんだっけ…?」と焦ってしまう場合もあります。

レスポンスはできるだけ早く。
もしくは、連絡が取れる日にち・時間帯を伝えておくのがベストです。

「明日の〇時頃にはご連絡いたします」
と伝えておくことで、相手の不安をなるべく取り除きましょう

相手によって配慮する点は変わる

相手と状況でやり方は変わる

「なるべく相手に負担・不安を与えない」
というのが相手へ配慮すべき根本的な事柄だと考えています。

なので上記で紹介した事以外にも、
その時、その人によって配慮すべき点は変わってきます。

「じっくり話し合いながら作りこんでいきたい」のか、
「とにかくパッと作ってほしい」のか。

これも相手によって違うので、
その時に判断し、対応を変えていかないといけません。

なるべく相手の不安や手間などを減らせるよう、
その都度考えて実践してみましょう。

私自身「配慮が足りなかったかな…」と思う事がたくさんあるので、
今後も猛省しつつ精進していきます。